忍者ブログ
絵が下手な素人理系学生が自主制作アニメをつくる もっと探求したいと思い近くの美大予備校へ通う アニメーションを専攻できる大学院試験を受ける←今ここ そんな感じでいろいろと迷走するブログです。 ブログのタイトルが定まっていないのでちょくちょく変わると思います。 よろしくお願いします。
[64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 骸骨をひたすら描きこむ作業に入りました。
 もうこれで完成でもいいかなぐらいにはなったんですが、前にみた高校生のと比べるとまだまだ荒いので、まだ続きをやることにしました。
 描いてるうちにデッサン狂ってるのが分かってくるのはもう耐えられない……
 一応その日の成果をながめ、うーんと首をかしげていると、先生に明日美術館にいかないと誘われました。
 同じ大学の人文学部が主催の展示がやっているとのこと。
 次の日美術館に行って、気分転換になったというか、よかったです。
 自分の作品にも影響でるかもしれません。
 美術館を案内してくれた人文学部の方がいたのですが、彼女のおかげで作品を楽しむことができました。
 そういう実際にその場で解説してくれる方の存在は、映像にはないものなので、その辺をどうにかできたら面白いなあなんて思っていますが、具体案はみえてきません。
 先生の言葉を借りれば、サッカー選手はゴールを守りボールを奪いゴールを決める走りをする、審判はボールと選手に当たらないような走り方をする、ちがう走り方をするのに、一つのゲームをつくる、ということで、作家がいて、今回のように展示を企画し解説してくれる方がいて、それで一つのイベントができる…… つまるところわたしは映画祭なり作品発表の場をを企画してくれる方々がいてはじめて作品をつくることに集中できるということですね。
 ただ作家は使い捨てられるものという、その不安定さは覚悟しなければなりませんが、私は結局安定を望んでしまうと思います。
 今までずっと普通と安定を求めてきたはずなのに、まわりからはギャンブル性の高い人間だといわれます。
 就職にしても、将来でっかいことやりそうだけれどもギャンブル性が高いというか不安定っぽそうだとよく言われます。
 私の就活はどうなるのでしょうか……
 まあ、働きながらでも作品はつくりつづけます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
最新コメント
[06/11 Bretharian]
[06/11 OBツツイ]
[11/26 Bretharian]
[11/26 音響担当・先輩]
[09/21 Bretharian]
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]