忍者ブログ
絵が下手な素人理系学生が自主制作アニメをつくる もっと探求したいと思い近くの美大予備校へ通う アニメーションを専攻できる大学院試験を受ける←今ここ そんな感じでいろいろと迷走するブログです。 ブログのタイトルが定まっていないのでちょくちょく変わると思います。 よろしくお願いします。
[86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


映画祭でハンドというルールをを知らないサッカー選手が評価される可能性におびえている毎日

映像にもルールはいっぱいありますからね

私は邪道なのでゴールを決めさせたくないからわざとハンドします わざとやったのか知らずにやっているのか、その辺の判断されようが怖いのです

審判にばれないような巧妙なハンドが そう神の手ゴールが要されるのです まどかマギカ1話のような……!

堂々と繰り返しボールを手に持ってゴールへ突き進むルールを知らない幼児のようなサッカーが、映像だと評価されてしまう可能性におびえているのです 機材にお金をかけたきれいな映像と内容(脚本)の面白さだけで評価されたら、私のようなスタイルの映像の人間はひとたまりもありません。

要は、綺麗で内容もよくてルールを知っているかと思えば神の手ゴールを決める、最高の映像をつくれば全て解決!

作業に戻りなさい、私。

ついったーで他人のツイートが自分のことを指してるように思えるのは、思春期男子にありがちな女子のひそひそ話が全て自分の悪口に聞こえるというあれなのか、本当に自分のことを言われているのか、びくびくする毎日。

うしろめたい発言ばかりしているからそういうことになるのだけれども、ストレスがたまると荒れた発言しかできない 反省はするし後悔もするけどなぜだか繰り返してしまう学習能力の無い人間です……orz

私は自分の作品に自信が持てない コンテを描いて、カットがそれ通りに仕上がって、いざつなげてみるとうまくつながらない、自分は映画史的に培われてきたことをなにも学習できてないじゃないかという、自分に対してのむなしさに直面すると、どうにもね

一年前の作品と一年後現在の作品じゃあ違うのはソフトの性能であって、自分の成長なのか疑わしい

私の場合ソフトが変わったことによって綺麗な映像になった、これは 機材にたよった綺麗な映像 であって、自分の成長じゃない どこで自分をだすかと言ったら、それは技法しかない で、その技法も模倣であって、オリジナルとのずれからでてくるもの、それがオリジナリティなんじゃあないかと思う

だから私は、なんかしらのコンテストにだす場合、審査員の方には、自分の作品を、純粋な内容というよりシナリオ技法でみてほしいし、編集技法をみてほしい 一方観客の方にはヒッチコックが言ったように純粋にみてほしいといった葛藤がある

たぶんそこには、映画史的に培われてきた基本的なルール/制度/文法と、それを破って自分の文法をつくってやろう、でもなにも知らないと思われちゃあいけない、やっぱり制度の力は大きすぎる、と思考錯誤した結果≒私 があらわれているはずなので。

でも映画って純粋に面白くなきゃあだよな PFFは芸術映画も募集してるって言ってたけれども…… でも初めてシャフトをみてその演出技法に衝撃を受けた人って少なからずともいると思うのです 制度なんて知らなくても、なんか他のアニメとは違うな、と。


 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
twitter
最新コメント
[06/11 Bretharian]
[06/11 OBツツイ]
[11/26 Bretharian]
[11/26 音響担当・先輩]
[09/21 Bretharian]
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]