忍者ブログ
絵が下手な素人理系学生が自主制作アニメをつくる もっと探求したいと思い近くの美大予備校へ通う アニメーションを専攻できる大学院試験を受ける←今ここ そんな感じでいろいろと迷走するブログです。 ブログのタイトルが定まっていないのでちょくちょく変わると思います。 よろしくお願いします。
[81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

脚本第一稿ができましたが、これではいけない。
このままじゃあシナリオ技法が無さすぎる。
ただ、絶対にいれたい長セリフがある。
それをどうソフトにもっていくか、自然にもっていくかを意識しながら、第二稿をかこうと思います。
現状の問題点としては、

・テーマが急に変わって不安定
・長セリフ(長セリフ自体は絶対入れたいとして、内容が説教臭い、論述めいてる)

内容が論述めいてるのは、狙ってはいたんですが、うーん……
もっと自然にソフトにの方がいいんですかね。
あそこで急にくるからびっくりさせたいってのはあるんですが、みてる方は気持ちのいいものではないのでしょうか。
まあ、構成をいれかえてもう一回かいてみよう。
第一稿の勢いはなくなるかもしれないけれど、もっと緻密なものも試して悪いことはない。

シナリオ技法の原則…… セリフでテーマを語らずに、ストラッグルでドラマをつくり強調する。
しかし内容が論述めいてると、それにも限界があると思っています。
その葛藤がうまく昇華できることを信じて第二稿かくしかないですね。

それと今回の作品、クリエイティヴ・イルネスというものがやってこない。
やってきてはいるのだが、小さい。
それは経験上、駄作になることを意味する。
つくっていく過程で大きな創造の病が生じたら、そのときはつらいかもしれないけれど、いい作品になる証と信じてがんばろう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
twitter
最新コメント
[06/11 Bretharian]
[06/11 OBツツイ]
[11/26 Bretharian]
[11/26 音響担当・先輩]
[09/21 Bretharian]
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]