忍者ブログ
絵が下手な素人理系学生が自主制作アニメをつくる もっと探求したいと思い近くの美大予備校へ通う アニメーションを専攻できる大学院試験を受ける←今ここ そんな感じでいろいろと迷走するブログです。 ブログのタイトルが定まっていないのでちょくちょく変わると思います。 よろしくお願いします。
[149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いつもより髪がつやつやしていて

化粧ののりもよさそう

体のラインも綺麗

心なしか服装まで変わって見える

女性があのようにキラキラした感じにみえるときがたまにあるのは

なぜなのかわかるけれど

きっと口にしてはいけない

タブーなのだ

いろいろで疲れきっているのは分かる

進路を決める大学生のこの時期ならなおさら

研究もあるだろうし

そういった生活の色が重なって

それでもおさえきれない輝きは

メスの神秘

当人たちからしてみれば

定期的にやってくるそれは

つらいものだろう

自分の身体イメージを絶えず内から変容させる

ほかのなにものでもない

自分の内部からのそれを抱えて生きていかなくてはいけない

だから彼女らには強さがある

美しい


こんなことを平気で言ってしまうぼくは

直面している当人たちからしたら気持ち悪い以外のなにものでもないかもしれませんが

ぼくはあのオーラにふれると

強さをわけてもらえる気がするのです


今日、気になるあの子は最高に輝いていた

初めて、話したと思う

あってから5年間

誰かを通してだったり

ネットでの会話だったりで

2人で会話したのは

初めてだと思います

他愛のないなんでもない日常会話だけれども

ぼくはそれだけで

とてつもないパワーを

もらえたのです

ぼくがどうあがいても

これ以上の関係は望めない

まあ一方的に憧れておしたいしているぐらいが

僕にはちょうどいい

チキンだし今日はじめて話したと感じるぐらいだしね

しかしそれでもいいのです

たぶん

なにかに行き詰って

異質なものにふれて

それを自分のものとして会得し

世界がひろがった時

しばらくは冒険心でいっぱいだけれども

急に昔の自分というものが

ちっぽけにみえることがある

そのときの不安が大きくなっていき

それゆえに経験に安住しようとつとめると

やがてまた行き詰まり

地の底まで落ちていく

そんなときは人恋しくなる

ぼくはいま

この世界の広がりと

不安による征服の

人間が探求しつづける限り

絶えることのない連鎖を

今までにない速度で

経験しているのだ

デッサンによって

クロッキーによって

アニメーションによって

だからまた

いろんな人と出会うことで

とてつもない力をいただいているわけです

それは

すれ違いざまに笑顔で手を振ってきてくれる子供だったり

気になるあの子との他愛もない会話だったり

愚痴をきいてくれる友人だったり

一冊の本を通してかもしれません

今ぼくのいる段階を抜ければ

ぼくはまた違う段階に入ることができる

たぶんこの非連続的な発展は

大人になってからしかできない

子供の吸収剤の塊のような成長とはまた違ったこれは

モチーフ、世界、あるいは自分の探求の方法の

根本のように感じるのです
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
twitter
最新コメント
[06/11 Bretharian]
[06/11 OBツツイ]
[11/26 Bretharian]
[11/26 音響担当・先輩]
[09/21 Bretharian]
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]